Hatena::Groupeureka

イベントホライズン

イベントホライズン

[Event Horizon]

量子物理学用語。<事象の地平面>の意。

物理的法則を湾曲させ、物理世界に影響を与えている事象の一。物理的法則に依存して光や電波で情報を伝達する物理世界が、物理的法則を有する限り知ることの出来ない非物理世界情報の境界面のことも指す。

ブラックホールがその例で、ある一定の半径内(シュヴァルツシルト半径)からは全ての物理事象が重力に捕らえられ、光速を超えなければ光も電波もX線も抜け出せない一方的な<物理事象の落下>が起こっており、その境界線のことをイベントホライズンと言う。また落下時には量子単位で事象が分解されるため再構築されることはない。

スカブコーラルクダンの限界を超え、物理世界の崩壊と同時にイベントホライズンの向こうへと向かうと考えられている。現在、これが小規模で観測される地域はグレートウォール

SFホラー映画の『イベント・ホライゾン』とは関係ない。

【40】

* world//index/あ行//