Hatena::Groupeureka

エウレカ

エウレカ

エウレカ

[EUREKA]

  1. エウレカセブン」の略。
  2. レントンが持っているコンパク・ドライヴに表示される文字列、〈EUREKA〉。
  3. 反体制組織ゲッコーステイトに所属する少女。本キーワードで記述。
  4. 人民中央政府最重要機密である少女、エウレカ・ズィータの名。
  5. 作品劇伴のひとつ。「交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK 1」DISC 1/#08収録。

目次

人物

年齢不詳。

ゲッコーステイトに所属するLFOライダー。搭乗機はニルヴァーシュ type ZERO

藤色ないし菫色と表現される瞳と、空色の髪が特徴。肌は色白。レイライントラパーの流れを知覚できる能力を持ち、機械の持つ感情が解ると自称する。

出生的な理由もあってか性格は天然。洗濯好き。


人型コーラリアンであり、トレゾア技術研究所ニルヴァーシュアーキタイプとともにスカブコーラルの中から発掘。名前はスカブ地球に来訪した際に衝突し、海中で苗床としたロケット「EUREKA(EURECA)」に由来する。研究部署のソニアアドロックらから読み書きなどの教育を受ける一方、ニルヴァーシュの研究に被験者として参加し、LFO開発に協力。

11992年、アミタドライヴを用いた実験中にサマー・オブ・ラブを起こしてからは、アゲハ構想を引き継いだデューイの管理下に置かれ、ホランド率いるS.O.F.第一機動部隊に配属された。12002年シウダデス・デル・シエロヴォダラク掃討作戦に参加し、自らの手で孤児にしたモーリスメーテル、リンクの3人を拾い、「母親」としてふるまうようになる。ホランドとともに軍を脱走し、ハップタルホらと結成したゲッコーステイトのメンバーになった。

12005年ゲッコーステイトアミタドライヴを手に入れるためにベルフォレストを訪問し、そこでアドロックの息子レントンと出会う。


第51話「ニュー・オーダー

スカブコーラルとの調停を行うため自らの体と記憶を7つの欠片(コンパクドライヴ?)に変え、それをスカブの大地に返す道を選択している。欠片の7つのうち6つは以下の場所に返すと話している。

  1. レントンと出会ったベルフォレスト
  2. ホランドと出会った草原
  3. タルホゲッコーステイトと出会った場所
  4. 遥か遠い砂漠
  5. 紺碧の海の底
  6. 天に伸びる頂

漫画

小説

AO

レントンとの間に子を妊娠。コーラリアンと人間の共生の道を探す。

ニルヴァーシュ type ZERO spec2と廃船になった月光号を用いて、転移消失を始めたスカブコーラルの調査をしていたところ不意に2025年へ転移。トゥルースナカムラが先導する日本軍シークレットと対峙するも、アオエンドウイビチャ・タノヴィッチゲネラシオン・ブルのスタッフの協力で未来への帰還を果たす。これが一度目の過去への来訪であり、アオには女児を身ごもっていることを、ハンナにはコーラリアンと人間の混血児のトラパー環境下で起こる問題を伝えている。

二度目の来訪は2012年、沖縄県磐戸島上空に転移。程なくして宿していたアオを出産。連合軍が彼女を捜索していたともされる中、フカイ・トシオにかくまわれて生活を続けていた。三年後の2015年、巨大なスカブが沖縄本島に出現。予想されるシークレットの襲来と融合爆裂を阻止するため組織された連合軍選抜特殊部隊にRA272 ニルヴァーシュと参加。事態収拾のためニルヴァーシュを放棄し、巨大なクォーツを連れて「でたらめな」時空へと飛ばされ去っていった。

以後、2025年アオナルの前には存在の定まっていない幻のような姿で何度も現れ、シークレットが味方であることをアオに、アオスカブを滅ぼさなければならないことをナルに説いている。

磐戸島では従来より「宇宙人」などと奇異に見られてきたこともあり、一部島民はスカブバーストの発生・収束の原因は彼女の存在だと考えて忌み嫌っていた。住んでいた間は、髪を黒に染め、額のビンディは前髪を垂らし隠していた。ニルヴァーシュの起動キーである光るブレスレットを身に着け、アオニルヴァーシュに認識させている。

NOTE

失踪前に着ていた服はダイアンの服と同じもの。

NOTE

Eureka [εὕρηκα]はギリシア語で〈分かった〉の意。アルキメデスが比重の概念を発見した際に発した感嘆の声。企画初期段階は『機動戦艦ナデシコ』の登場人物にちなみ〈ユリカ〉が仮称とされ*1、転じて〈ユリイカ〉が検討されていた。一方で1992年7月31日に欧州宇宙機関が打ち上げた人工衛星〈EURECA [European Retrievable Carrier]〉がモチーフであるともしている。

色彩設計の試作段階ではオレンジ色の髪が検討されていたことから、アニメ『OVERMANキングゲイナー』の登場人物サラ・コダマの「妹」と評されていたという*2。ベリーショートヘアーの姿は『銀河漂流バイファム』の登場人物、カチュア・ピアスンに似ている。

ニルヴァーシュ type ZEROのスペック表記に倣い、たびたび変わる容姿を段階に分けて〈エウレカ spec-〉と書くことがある。設定表ではトレゾア技研被験者時代の姿を〈spec0〉、サクヤに髪を伸ばしてもらうまでのベリショ姿を〈spec2〉、セミロングヘアーで「羽」が生えた状態までを〈spec3〉とおおよそ分類している。心理状態や容姿に基づいて〈○○レカ〉と表記する場合もある。髪のクセは精神状態の変化を反映しており、クセ毛だったものが時間を経るにつれストレート気味になっていっている。ピン止めの有無も感情の幅を示す小道具である。

企画仮題「ママは14歳(仮)」や第51話「ニュー・オーダー」でのテロップから年齢は14歳前後とされる。人間と同様に歳をとるという監督の発言から成長はするようであるが、「交響詩篇」中で描かれた発生からの十数年間では、サクヤと同様に肉体的な成長があまり見られない。

* [an][tr][nv][co][mv][作品][人物][ア行]

*1:京田知己・twitterにて。

*2:吉田健一・個人サイト絵日記より。『OVERMANキングゲイナー』は本作と同様に吉田健一がキャラクターデザインを手掛ける。


* はてなダイアリーキーワード:エウレカ