Hatena::Groupeureka

シークレット

シークレット

[SECRETS]

スカブコーラル出現時と同じような光の柱を前兆に出現し、スカブへの接近とクォーツの破壊を試みる飛行物体。ゲネラシオン・ブル社や各国研究機関ではこの呼称を用いているが、一般的には「Gモンスター(Gモン)」の名で広く認知されている。

270年以上前から世界各地で様々な形のものが出現しており、スカブの反応を解析することである程度の出現の予知ができる。ビームなど形態によって攻撃してくる方法は異なり、破壊すべき「異物」と認識しているスカブクォーツと接触して大規模な融合爆裂を起こす。

電子機器を破壊する電磁パルス放射とZOA圏内での反撃の素早さから、通常兵器ではダメージを与えることができない。トラパー越しでは索敵能力が低下するため、トラパーを浴びながら滑空しているFPIFOによる集中砲火と近接攻撃が有効手段となっている。ただしIFOの機動性にも限界があるため原則ZOA内での戦闘は避けている。

体は既知の物質のみで構築されている。作戦「ポラリス」以降、シークレットが出現することは少なくなっている。

沖縄諸島連合磐戸島

コンパス状のものが1体、のちに無数のコンパス状シークレットを携えた巨大な本体が出現。島を攻撃し、遭遇した日本軍沖縄自衛隊双方にも被害を出した。フカイ・アオの乗るRA272 ニルヴァーシュと、沖縄諸島連合と契約したチーム・パイドパイパーによって撃破された。

1940年代南米に出現したものに類似。

コロンビア共和国ガイナス岬

回転ブランコ状のものが1体、海水を吸い上げハリケーンに擬態し出現。空域にいたアイゼンハワーチーム・ゴルディロックスの編隊をゴンドラ状の「オプション」で物理的に撃墜。ゴルディロックスの作戦を引き継いだチーム・パイドパイパーによって撃破された。

大量の空気を巻き込む回転によるものか、活動中のみ周囲のトラパー濃度が上昇する特性を持っていた。

ファイサルアラビア共和国アブハ

鳥型からエクレア状に変形するものが1体。荷電粒子を放出し雷を伴う。遠距離から砲撃を行っていたキリエのシステムを落雷でダウンさせ、上空まで飛翔。スカブ目がけて落下を始めたが、アレルヤニルヴァーシュによって撃破された。

1752年アメリカ合衆国フィラデルフィアに出現したものに酷似。インディアンの伝承にみられる雷の聖霊、サンダーバードと混同される。

スイス ルガーノ湖

雪ダルマ状のものが1体。出現したスカブコーラルダメージドクォーツを目がけ飛行。弱点である底部をニルヴァーシュが攻撃し撃破。

日本国横須賀

七支刀のような形をしたものが1体。日本国政府によるスカブバースト発生実験で出現、鹵獲を試みようとするも失敗した。トラパー発生源に反応し、水中で動きが制約されるIFOを攻撃。ニルヴァーシュアレルヤキリエトラパー装置を破壊し、標的を自機に誘導。深海の水圧も相乗させてか、外装を押しつぶされ撃破。

アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス

カエル状のものが1体。米軍IFO部隊による第一陣、歩兵部隊による第二陣を壊滅させ峡谷内を進行。ZOAに加えて人型の物体に反応し、口から放出する「オプション」で無差別に対象を攻撃・蒸発させる。イビチャ・タノヴィッチがRPGで気を引き、開口部へのアレルヤキリエの砲撃で撃破された。

オーストラリア

砂状のものが出現。クォーツ回収にあたっていたパイドパイパーIFOに付着し、そのままゲネラシオン・ブル本社に侵入。人の思考を読み、感染効果のあるIFOパイロットに次々取りつく。空気中のトラパーと反応してゴルディロックスにはテディベア(ブルーノ)、フレアには母親、アオにはエウレカナル磐戸島の景色、エレナにはミラーと幼少期の記憶の幻覚をそれぞれ見せ、社内を混乱に陥れた。

トラパーを遮断する対策を講じられ、幻覚から解放されたエレナミラーに化けていたシークレットを車ごと炎上させ撃破。他のシークレットとは異なり、行動目的がスカブクォーツから外れている。

宇宙空間

箱から蛇が出たような形のものが1体出現。アオは「びっくり箱」と形容している。宇宙空間にはトラパーが存在しないためZOA外でもIFOに反応して、闇雲にビームを照射してくる。アレルヤキリエシークレットの攻撃を牽制し、ニルヴァーシュが接近して撃破した。

インドネシア国外

コンパス状のシークレットが出現。融合爆裂を起こさないことを取り決めたクリストフ・ブランとの契約に基づき、3体の人型シークレットによって破壊された。

巨人型シークレット

頭に三日月状の突起を持つ人型。二機のニルヴァーシュクォーツの反応を標的に出現し、体からビームとホーミングレーザーを放つ。高い知能を持っており、規則性のある電波を(7回)放出する。2015年に沖縄本島近海、2025年月光号の着水した小笠原沖に出現。以降、ナルによって再活性化させられたプラントコーラルを目指して複数体が同時に出現している。

沖縄近海に出現したものはエウレカスカブクォーツを回収した後に、スカブに取り込まれ固形化。トゥルースに変態した。

小笠原沖に出現したものはRA272 ニルヴァーシュのボードクラスター攻撃で胴体を損失。頭部は日本の国立物理化学研究所が回収し、電波信号解析によって対話に成功した。翻訳を試みて接触したゲオルグのプログラムに影響を及ぼし、一部がゲオルグ内に残存している。

プラントコーラルを目指して出現したものは、作戦「ポラリス」によって殲滅。

2015年に沖縄本島に出現した人型シークレットが攻撃手段として発射していた腕。トゥルース月光号船上で二機のニルヴァーシュと交戦した際に、腕を似たような形状に変化させている。

人型シークレットの「オプション」と考えられるが、アオの夢の中では他のシークレットとともにこの腕だけが並んでいる。

NOTE

〈秘密〉の意。磐戸島に現れた両シークレットの形状は、心なしかリフボードに似ている。

初戦と3戦目はそれぞれ劇中で提示された秒数通りに戦闘が展開されている。

* [ao][生物][機械][サ行]