Hatena::Groupeureka

スカブコーラル知性体仮説

スカブコーラル知性体仮説

[The Intellect Object Hypothesis of The Scab Coral]

スカブコーラルが惑星の地殻を覆う郡体であるとした上で、それらは外部からの刺激に対して得られた素材を整理・統一して認識に至ることが可能な精神機能と知的能力を有しているという説。

この仮説に基づくと、地殻変動は大地の自己修復機能。コーラリアンスカブコーラルの持つ物理的手段。スカブ及びコーラリアンによる人類への自然災害は、空を汚し、地を痛めつけている人類への免疫とも呼べる自己防衛機能と説明できるようになる。

この仮説はアドロックグレッグノルブの三者でほぼ一致する見解であり、殊にヴォダラクにおいては仮説依然の前提的真理とされる。

検証

しかしスカブコーラルを生命体と捉えた上での理論であることなどから異端と見なされることが多く、知性体であることを証明するための科学的数値証明の立証が非常に困難なため、根拠不十分として学会では認められていない論理である。

アドロック科学技術研究所スカブを研究していく中で知性体という可能性を考え始め、仮説として提唱を始めた。さらにその可能性は人型コーラリアンの出現により確信へと変わり、エウレカを教育していきながら仮説の確立に尽力した。しかし発生してしまったサマー・オブ・ラブアドロックは蒸発してしまうこととなり、全ての研究書物は塔州連邦により回収され、彼が何処まで理論を立証したかは不明となっている。

軍が広めた英雄という名の陰に隠された仮説の未立証を悔やんだ娘のダイアンは、父の仮説が真理だという事を証明するために、科学技術研究所で研究を行い、フィールドワークへと旅立った。

見解

グレッグアーキタイプ研究からこの知性体仮説へとたどり着くことになるが、一つの惑星に対して知性体が存在できる量、クダンの限界を超えていることに気づき、スカブは全知性を運動させてはいないとも考えるようになる。このことはノルブの発言により、信憑性の高い<仮定>となる。

さらに彼はエウレカスカブからのメッセージ、ないし人類と自己の相互に干渉を与え合う知性的究極手段であるとしており、エウレカこそが仮説証明の鍵となると見ている。

【31,37】

* world//index/さ行//