Hatena::Groupeureka

デューイ

デューイ

デューイ

[DEWEY]

  1. 塔州連邦軍に所属する中佐、デューイ・ノヴァクの名。本キーワードで記述。
  2. 人民解放軍に所属する少将、デューイ・ソレンスタムの名。

人物

36歳。11969年生まれ。

塔州連邦軍情報部→統幕本部所属。階級は中佐→大佐。


経歴

惑星開拓移民一号の家系=王族であるノヴァク家の長男として生まれる。7歳のときに母の命と引き換えに生まれた弟を父は「母殺し」と判断して未来の王に任命した。そのことで自身の存在に多くの意味を持たなくなった幼少期のデューイは、王となるため「王殺し」の伝承に基づき父を殺害。彼の行動は偶然にも発生したスカブ地殻変動も災いし、否とすべきものとして貴族により非難され、王家の権利の消失にまで至り、弟ともに放浪の旅へ出ることとなった。

その後、チャールズやレイの元で弟とともにリフを学んだり、アドロックが提唱した「スカブコーラル知性体仮説」を知るなどしながら、貴族を退け勢力を伸ばし始めた塔州連邦軍に入隊する。

入隊後は情報部に入部。科学技術研究所三博士の調査に同行するほか、情報部内に所属していたタルホを恋人として持っていた。

サマー・オブ・ラブ発生により同行していたアドロックが消失してからは、情報部中佐として彼の計画を引き継ぐ権利を与えられ、アゲハ構想を基に計画を考案し、S.O.F.に所属していた弟の部隊に人型コーラリアンとされるエウレカを配した。さらにエウレカを参考とした一体のレプリカを自身の王族の残党者からなる財団に作らせ、民族浄化の被害に遭った少年たちも養成機関に招集。さらに戦地で一人の少年を保護し育てるとともに自身の側近にするなどする。

しかし12002年エウレカS.O.F.配置が大きな仇となり、弟たちの起こした造反によって計画の早期実行が困難に。その件で三賢人から責任を問われ軍位を剥奪、幽閉される。

幽閉されていた間は『金枝篇』などの書物を読み、持て余す暇を潰していた。

開幕

12005年ベルフォレストにおいてセブンスウェル現象が発生し、安定した形態をとるコーラリアンの現出による被害の拡大を危ぶんだ三賢人コーダの提案によりデューイの再召喚を議決。

幽閉から解かれたデューイは側近としているドミニク中尉とともに現状確認のためコペル基地を訪れ、コーラリアンの出現を確認。不在だった間の調整をするなどしてスカブコーラル殲滅計画を再び準備し始める。

そんな最中にサウスアイレス空域で現出したクテ級コーラリアンを彼は最初の機会と考え、アネモネthe ENDの投入を命令。ゾーンへの接触に関する手ごたえを確かめる。

計画の下準備が整ったところで中佐から大佐に昇格、コーダの支持を得つつ情報部を中心としたアゲハ隊を組織する。アゲハ少年隊に大筋の指揮を委ね、AFXからのオレンジ投下による地殻刺激でスカブコーラル中心核探索を命ずる。

ゲッコーステイトに対しては殆ど気にかけることもなかったようで、計画の進行に関しても特に考慮に入れていなかったものと思われる。しかしノルブ奪回の際に首都でゲッコーステイトが見せた、「対」なるものがホランドでないという事実を知り、策に若干の修正を与えた可能性はないとも限らない。

一方で行動を起こさず、計画を進行させる上で障害になりかねない賢人会議を崩壊させるためにアゲハ隊を率いて軍事クーデターを敢行。三賢人の内のクゼミブラヤを殺害し惑星統治の全権を事実上把握することとなった。

閉幕

12006年スカブコーラル中心核が特定されたためデューイは計画をオペレーション・ネノカタスへと移行することを決定。位置特定に合わせて用意する予定だった「アネモネ」は欠けるが、2体存在すれば十分と考え実行したものと思われる。

自身も銀河号に乗り込み移動したが、計画を止めさせようとする月光号と相対。中心核崩壊後の真の約束の地地球の空中で戦闘を行い、ゲッコーステイトによる自身の殺害を狙って行動。ホランドとの対決の末にエウレカアネモネ首輪に組み込んだスカブコーラルの自壊プログラムを代理司令クラスターを通して注入させるため、自殺。

関連

* bios//index/た行//


* はてなダイアリーキーワード:デューイ