Hatena::Groupeureka

トラパー

トラパー

[Trapar]

ランサパランス・イト・パーティクル[Transparence Light Particle]〉の略。

スカブコーラルの大地から噴出して、惑星の空気中に遍在する直径20ナノメートルの粒子。人間が目視することはできないが、特定条件下では光を放つトラパーダストが現れる。

地上10キロメートルでレイラインの流れを作り、宇宙空間にはほとんど存在しない。トラパー粒子を反射するリフレクションフィルムによって揚力を得ることが可能で、リフボード空中戦艦の飛行原理として用いられている。またコンパク・ドライヴプラントコーラルを介することでエネルギーを抽出することができるため、様々な機器の電源や大塔周辺都市の電力はトラパーによって賄っている。

スカブの成長と形成に伴う代謝物であるため、スカブに覆われた地上でのトラパー量は地殻変動と関連する。

トラパーは精神を伝播させるエーテルのような機能も有するとされ、人の精神に影響をあたえる一方、逆に人間の精神がトラパーに変化を与える可能性も指摘されている。過度のトラパーを浴びることは人体に有害であり、絶望病を引き起こすきっかけになるともされる。コーラリアンと人間の混血人もまた高濃度トラパー環境下では人体に何らかの影響が出る。

小説版

人間自身が放出する生体トラパーなるものも存在しており、コンパク・ドライヴを介して生体トラパーを増幅させることで、スカブコーラルに干渉することも可能になる。

NOTE

計量単位は12000年代(交響詩篇)ではヤード・ポンド法のガロン、2000年代(AO)では国際単位のモルが使われている。

* [an][tr][co][nv][ao][基盤][世界][タ行][略語]