Hatena::Groupeureka

ラスコーリニコフ

ラスコーリニコフ

[Раскольников/Raskolnikov]

1886年にフョードル・ドストエフスキー[Фёдор Достое́вский]が発表した小説『罪と罰』の主人公。

無神論者の元大学生で〈選ばれた非凡人は現行の秩序を超越できる〉という犯罪理論を持ち、金貸の老婆アリョーナ・イワノーブナとその妹リザヴェータ・イワノーヴナを殺害するも、罪と罰に悩むことになる。

ノルブデューイラスコーリニコフと形容したのは、「初めに言葉ありき」「人として自らの言葉を勝ち得たい」から

ところで、人間がもっともおそれているのは何だろう? 彼らがもっともおそれているのは、新しい一歩、新しい自分の言葉だ。

ドストエフスキー『罪と罰』/工藤精一郎 訳

に対応させたものか。

[35]

* [an][学芸][発言][ラ行]

* はてなダイアリーキーワード:ラスコーリニコフ