Hatena::Groupeureka

レントン・サーストン

レントン・サーストン

[Renton Thurston]

  1. レントンのフルネーム。
  2. 作品劇伴のひとつ。「交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK 1」DISC 1/#22収録。
  3. 第303独立愚連隊に所属する少年。本キーワードで記述。

人物

14歳。西暦2040年12月8日生まれ。山梨県割沢市出身。父チャールズ・サーストンと母レイ・サーストン?の子供。

人民解放軍第一機動師団第303独立愚連隊に所属するKLFパイロット。階級は二曹。搭乗機はニルヴァーシュ

ネバーランドの子供たちが信じる『アゲハ神話』の「男子(おのこ)」とされるが、「戦うことなく地上の敵意を鎮めん」という記述からは外れる行動を見せる。

ワルサワ研究所の重役である両親の下、エウレカ・ズィータとともにワルサワの丘で幼少期を過ごす。「ドーハの悲劇」が起こり研究所が解体されると東京杉並人民解放軍幼年学校に入学、軍によって連れ去られたエウレカの手掛かりを得るため、2054年人民解放軍第一機動師団へ編入した。イマージュの攻撃を受けるサウスダコタ第303独立愚連隊として作戦に参加し、回収対象の最重要機密とされていたエウレカと9年ぶりの再会を果たす。

第7次E懸案神話再生計画実行を急ぐホランドたちとの抗争の中で、エウレカを疑うハップによって誤射されて致命傷を負う。朦朧とする意識の中で、自分たちの「先生」であったドミニク・ソレルの幻影を見てエウレカを守る意思を固め、思いに応えて現れたニルヴァーシュ spec-Vエウレカとともに逃走。デビルフィッシュとの交戦によって昏睡状態(絶命した可能性も)に陥ってしまうが、エウレカイマージュと接触したことによって蘇生され、ニルヴァーシュによってワルサワへとたどり着いたときには腹部の致命傷も消えていた。

一貫して抱いていた願いは、エウレカと一緒にワルサワに帰ること。二人で分けた雪月花の種のうち4つをネックレスにして持っている。

NOTE

初稿脚本での名前は〈リアム・マクレガー [Liam McGregor]〉。「モーニング・グローリー」などの楽曲を作ったOasisのボーカル〈リアム・ギャラガー [Liam Gallagher]〉と、映画『トレインスポッティング』でマーク・レントンを演じた〈ユアン・マクレガー [Ewan McGregor]〉に由来。

* [an][co][nv][mv][人物][音楽][ラ行]

* レントンサーストン