Hatena::Groupeureka

ヴォダラク

ヴォダラク

ヴォダラク

11850年ごろに興った、コーラリアンスカブコーラルを崇拝する宗教組織。ヴォダラクの言葉で〈状態〉の意。

聖地はシウダデス・デル・シエロ。本山はヴォダラ宮

人はみな第三観界に存在し、第三観界に煩悩が満ちればヴォダラクの想念は消滅する。ヴォダラク教徒は第十観界を目指す。

S.O.F.ヴォダラク掃討作戦を行って以来、大半はS.O.F.及びエウレカニルヴァーシュを、一部は塔州連邦軍自身に強い憤りを抱いている。さらにその殲滅を伝承として伝えていく気らしく、エウレカを「紅い眼の魔女」、ニルヴァーシュを「白い悪魔」と呼んでいる。

大地にパイルバンカーを打ち込むことに対し否定的であり、一部原理主義者が大地の上に立った文明に対しテロ行為を行っている。そのため、コーラリアン殲滅の恰好の理由となっており、軍部は情報操作でヴォダラクを完全な危険組織に仕立て上げている。この政策はコーラリアンを後押しする思想を排除する行動も兼ねる。危険な思想と割り振られているため、人々からの差別心も強い。

ノルブは40年前にヴォダラ宮にて布教と職務を行っていたが、彼が去って以後はミョウド派が台頭、ノルブ派は迫害され、異なった解釈により信仰が行われていた。

NOTE

観音菩薩の住む山〈補陀落[Potalaka]〉に由来。