Hatena::Groupeureka

ヴォダラク掃討作戦

ヴォダラク掃討作戦

12002年塔州連邦軍により実行されたシウダデス・デル・シエロにおける反政府組織ヴォダラクの殲滅作戦。

軍の上層部により計画され、情報部デューイが実行を許可した。アゲハ構想推進に当たり障害となる組織ヴォダラクの殲滅と、ヴォダラク内の要人ノルブの拘束であり、S.O.F.第一機動部隊が中心となり実行された。

実戦段階から軍部の勝利は目に見えており、圧倒的火力と侵攻力をもってしてデル・シエロは陥落に向かった。S.O.F.第一機動部隊リーダーのホランドノルブを確認後、拘束を試みるが失敗。ノルブは自身の力によってデル・シエロの大塔を破壊し、ホランドに真実を告げて逃走。

作戦終了後のデル・シエロは復興の運動も起こらず、逆にヴォダラクは廃墟を廃虚のままで受け入れ、軍に恨みを抱きつつも変わらず聖地としてその地を崇めた。帰還したホランドデューイノルブを逃したことを非難されつつも、ノルブの言葉を信じてハップの助言で軍を脱走してアゲハ構想を食い止めることを決意。エウレカは攻撃で親を失った子供たちを見て、保護したいという感情を知り始めるようになる。

* history//index/あ行//