Hatena::Groupeureka

塩の柱

塩の柱

塩の柱

[Netziv Melach]

セブンスウェルによって塩と化したスカブの大地のこと。塩の大地。

セブンスウェル経過中1246秒間の比較的初期に形成されるようで、同心円状に幾層もの花びらのようなクレーターを形成する。

生成理由は明かされていないが、スカブが多量の塩分を含んでいることも考えられる。

塩の柱」の発言者はこの光景を見たマシューの発言であるが、ホランドセブンスウェルに際した退避命令を踏まえた上で『旧約聖書』創世記第19章から引用したのならば、「学がねぇな」などと蔑んではいけない。

彼らがロトたちを町外れへ連れ出したとき、主は言われた。「命がけで逃れよ。後ろを振り返ってはいけない。低地のどこにもとどまるな。山へ逃げなさい。さもないと、滅びることになる。」

新共同訳聖書 創世記 / 19章 17節

主はソドムとゴモラの上に天から、主のもとから硫黄の火を降らせ、

これらの町と低地一帯を、町の全住民、地の草木もろとも滅ぼした。

ロトの妻は後ろを振り向いたので、塩の柱になった。

新共同訳聖書 創世記 / 19章 24-26節

いや、単に塩っぽいのが柱になってた様を述べただけかもしれませんが。

【02】

* log//index/さ行//