Hatena::Groupeureka

文化の終わり

文化の終わり

交響詩篇エウレカセブンは1994年、文化の終わりを描いているとスタッフは言う。

文化というものが消滅し、混沌となっていく世界。エウレカセブンはその最盛の終わりと終結の始まり。石野卓球の挿入曲「Ninety Three」を始めとして、本作に使用される挿入曲はみな2000年代の音使いを意図的にしていないものとなっている。

* work//index/は行//