Hatena::Groupeureka

観界

観界

ヴォダラクの世界概念。カンカイ。

第三観界人間世界
第七観界人がコンパク・ドライヴによって大地と呼応する所
第八観界スカブ化したエウレカが行った所
第十観界スカブコーラルとの合一

ヴォダラクは煩悩溢れる第三観界から、肉体からの解脱を実現する第十観界へ渡航することが目的であり、原理主義のミョウド派においてはこれが特に重要視される。

移行方法はコンパク・ドライヴを通し、トラパーを介して、魂魄スカブコーラル内に移行させるものである。自ら望んで絶望病になっていくようなものか。

人型コーラリアンの場合は、観界を深く進むほどに身体がスカブ化すると考えられ、サクヤなどは第八観界より先、第十観界の手前の状態にあると思われる。

NOTE

設定は大野木寛によるもの。似たような概念では仏教に迷いと悟りの世界を十種に分ける概念〈十界〉が存在。

第七官界彷徨 (河出文庫)

第七官界彷徨 (河出文庫)

ネーミングは尾崎翠が1931年に発表した小説『第七官界彷徨』に由来するが、〈カンカイ〉に当てる字は何でもいいらしい。

[20][37]

* [an][学芸][カ行]